消費者金融でおすすめの商品は無利息ローン

消費者金融では様々なシステムや商品が存在しますが、特に近年注目を集めているのは無利息ローンになります。その理由は、一定期間は無利息で融資が受けれる点になります。このようなシステムは当初は中小の消費者金融で行われてましたが、最近は大手の会社でも積極的に取り入れています。その結果として、利息を取り立てるイメージが大きく緩和されています。一方で利用者側も心理的抵抗感が少なくなりますので、給料日前の利用を検討しやすくなります。このような面から考えても、おすすめの消費者金融は、【http://xn--t8j4aa4n8wn020avb1ayum64kbym.com/】無利息ローンの商品と言えます。しかも無利息期間を超過しても、超過分のみの支払いになります。従って消費者金融の無利息ローンは、リスクが比較的少ない商品になります。

また無利息ローンがおすすめできる理由としては、審査や手続きが簡便である事です。たとえ無利息で良心的に営業しても審査の敷居が高ければ、利用者におすすめできるメリットが少なくなります。その点では無利息の場合も審査のスピードは変わりませんので、ためらう事なく申込を行う事ができます。もちろん無利息の条件に担保や保証人が要求される事もありませんので、過剰な意識を持つ事なく審査を受ける事ができます。後は消費者金融によって無利息ローンのシステムが若干異なりますので、違いを確認した上で申込をすると良いです。中には何度も無利息ローンが利用できる会社もありますので、継続的にローンを使用する人にとっては大変おすすめになります。

 

 

女性向けカードローンは本当に女性の味方ですか?

女性を対象にしたサービスは数多く存在します。女性限定のカフェやホテル、女性限定ライヴに女性限定車両など。最近ではカードローンにおいても「女性向け」の商品を取り扱うところが増えてきました。このように、カードローンには無利息以外にもこのようなサービスがあります。女性向けと聞くと、当然、男性よりも優遇されることを期待するでしょう。けれども、実際のところはどうなのでしょうか。

女性向けカードローンは「女性が利用しやすいカードローン」

女性向けカードローンは数社ほどが取り扱っています。主に消費者金融が多く、信販会社や銀行で女性向けと明記したカードローンを扱っているところは、わずかです。

消費者金融の女性向けカードローンに共通しているのは、わざわざ店頭や無人契約機に出向かなくても、電話やインターネットで申込が完了するところです。そのため、誰にも知られることなく、お金を借りられます。

さらに女性向けカードローン専用の電話窓口を設けており、スタッフはすべて女性です。男性が電話に出ることはないので、安心して問い合わせや相談ができるでしょう。

金融機関によっては、おしゃれな雰囲気を全面に押し出したデザインのサイトを作っているところもあります。パッと見ただけではカードローンのサイトだと分からないくらいです。中にはカードまで女性が喜びそうな、おしゃれなデザインを施しているところもあります。

銀行や信販会社の女性向けカードローンは独自の付加サービスを用意しています。例えば、女性に役立つ情報を満載したメルマガの発行や、おしゃれなデザインのスマートフォン用資産管理アプリの提供。さらに利用残高に応じたプレゼントを抽選で貰えたり、エステが割引になるサービスを用意しているところもあります。

このように、あの手この手を使って、女性がカードローンを利用しやすいように工夫を凝らしているのが「女性向けカードローン」の正体なのです。

女性向けカードローンが作られた背景

借金を「キャッシング」と呼び、カードローンで気軽に借りられるようになったとは言え、お金を借りることは女性にとって、まだまだネガティブなイメージがつきまとい、敷居が高いものなのです。銀行には行けても消費者金融に行くのは抵抗がある女性は多いでしょう。店舗や無人契約機に入るところは絶対に誰にも見られたくないのです。それを反映して、実際に消費者金融の調査でも性別による利用率は、男性が7割で女性が3割でした。

確かに消費者金融の事務所には漫画やテレビドラマ、Vシネマの影響で、雑然としていて怖そうな男性が出て来そうなイメージが今も定着しています。

消費者金融としては、女性に利用して貰えたら収入が増える見込みがあります。もちろん、何らかの理由で女性もお金を借りなければいけなくなる時はあります。そのため、各金融機関では電話やインターネットで申込を完了できたり、電話窓口のスタッフを女性に限定したり、サイトやカードのデザインをおしゃれにするなどして、少しでも女性の不安を取り除き、取り込もうとしているのです。

女性向けだからと言ってお得ではない

他の女性向けサービスであれば、何らかの優遇制度が存在します。だからカードローンにも、金利が安くなるなどの優遇があるのではないかと期待されます。けれども、実際のところは通常のカードローンとほぼ同じか、むしろ不利です。

例えば女性向けと言っても、通常の金利がそのまま適用されます。むしろ一般的なカードローンは借り入れ額に応じて、金利の幅を持たせていますが、女性向けカードローンの中には、この金利が高い方に固定されているものがあります。

審査が甘くなるわけでもありません。限度額は、10万円から50万円までと低く設定されていることが多いです。これはカードローンに慣れていない女性が使い過ぎないよう配慮しているのと、女性は男性と違って一度の借り入れ額が少ない傾向にあるのと、収入証明書無しで貸せる金額だからというのがあります。

つまり、先に挙げた電話窓口での女性スタッフや、申込方法にこだわりが無ければ、あえて使うほどのメリットは無いのです。例えば普通の銀行のカードローンが金利や限度額の面から見ると圧倒的に有利なのに、女性向けにこだわって金利が高く限度額が低い消費者金融のカードローンを利用したら、もったいないでしょう。

また、いくら女性向けのカードローンと言っても、貸し付けの条件には安定した収入が必要であり、しかも消費者金融の場合は総量規制の対象にもなります。そのため、パート収入があれば主婦や学生でも借りられますが、専業主婦は利用できません。

カードローン本来のサービスに着目すると、女性向けローンだと言っても、おしゃれで借りる時の心理的なハードルが低いだけで、必ずしも女性の味方というわけではないのです。

専業主婦はどうすればいいの?

専業主婦は基本的に無収入です。そのため、消費者金融のカードローンは利用できません。そうなると、銀行のカードローンを利用することになります。

年収の3分の1しか借りられない「総量規制」は貸金業法によるものです。消費者金融や信販会社は貸金業者なので対象になりますが、銀行は貸金業法の範囲外になるので、この規制の影響を受けません。だから無収入の専業主婦でも利用できるのです。

けれども、カードローンの利用には審査が必要です。では、収入が無い専業主婦の場合、どのように審査するのでしょうか。

専業主婦の生活は、配偶者の収入によって成り立っています。カードローンを利用する時も配偶者の収入や勤務先、年齢などを確認して審査の基準とします。在籍確認も配偶者の勤め先に電話するのです。

在籍確認の際には業者名を名乗らず、個人名で電話をするので、配偶者に知られることなくカードローンを利用することは可能です。けれども、勤め先で対応した人(総務や人事が多い)が配偶者に、そのような電話があったことを伝えれれば、勘の良い人なら何の電話か気づくでしょう。そもそも、専業主婦のカードローンは配偶者の与信力で使えるものです。無断で申し込まずに、必ず事前に許可を受けるのが望ましいでしょう。

もっとも、いくら配偶者の与信力があるとはいえ、カードローンを利用するのは無収入の専業主婦なので、限度額は低めに設定されているのがほとんどです。おおよそ30万円から50万円が借りられる目安となります。

消費者金融の中には「配偶者貸付」と言って、専業主婦でも例外的に貸し付けてくれるところがあります。ただし、銀行のカードローンと違って、借りられるのは配偶者の年収の3分の1までです。既に配偶者がそれだけの借り入れをしているなら、当然カードローンは利用できません。

また、申込は配偶者の同意書と身分関係を証明する公的書類(戸籍抄本や住民票など)が必要です。銀行のカードローンのように配偶者に内緒で申し込むことはできないので、そこは諦めましょう。

もう一つの選択肢「女性向けローン」

銀行で女性向けのカードローンを取り扱っているところは少ないと説明しましたが、「女性向けローン」であれば多くの銀行や信用金庫で取り扱いがあります。

代表的なのが女性向けの住宅ローンです。金融機関にもよりますが、女性ならではの特典として、出産や育児休業期間中は借入金の利息が据え置かれたり、返済額が下がるなどの優遇を受けられます。また、繰上げ返済をする時の手数料が無料になったり、ケガや病気で働けなくなった時に返済を支援してくれる保険に、自ら保険料を支払うことなく加入できる付帯サービスもあります。

他にも標準より少ない勤続年数や、年収で利用できる女性向け住宅ローンもあります。金利が変動金利しか選べないなど、若干リスクを取る形にはなりますが、一般的な住宅ローンでは審査に通らなかった女性も、これなら利用できる可能性が高まるでしょう。

他にも夢の実現をサポートしてくれるローンや、美しくなるためのローン、もちろん自由に使えるフリーローンもあります。限度額は専業主婦やパート・アルバイトは低く設定されますが、安定した収入があるなら、100万円以上の借り入れも可能です。また金利も10%以下と、消費者金融で借りるよりはずっと低くなります。

ただし、「カード」という言葉が抜け落ちているとおり、利用するには銀行の窓口で申し込まなければいけません。カードローンと違って、証書を交わしてお金を借りる「証書貸付ローン」なのです。そのため、必要な時に必要な分だけ借りるという使い方はできないですし、ある程度まとまった金額を借りることになります。追加の借り入れには新たな審査が必要となり、既に借り入れがある分だけ厳しくなると思った方が良いでしょう。

申込の際には身分証明書に加えて、直近の収入証明書が必要になる場合もあります。審査においては利用目的を詳しく説明しなければならず、投機目的やギャンブルには当然使えません。借り入れ目的が特定されるローンになるほど、後日領収証を提出する必要もあります。

けれども、男性にはここまで優遇してくれる銀行のローンは存在しません。おそらく男性よりも女性の方がお金を借りないことが影響しているのでしょう。「女性向けカードローンと比べれば、「女性向けローン」こそ、まさに女性の味方と言えます。

女性がカードローンを選ぶなら

確かに「女性向けローン」は金利が低く、サービスも充実して魅力的ですが、急な出費に対応したい時はATMですぐに借りられるカードローンの方が圧倒的に便利です。もちろんカードローンなので、使い道は自由で領収証の提出を求められることもありません。

女性が数あるカードローンの中から選ぶ時には、やはり金利や限度額を重視したいものです。もし安定した収入があるなら銀行のカードローンを優先的に検討するべきでしょう。あえて消費者金融のカードローンを選ぶとしたら、短期の借り入れが中心で、ポイントによる無利息サービスを積極的に活用したい場合です。利息が発生しないので、金利が関係なくなる分だけ銀行のカードローンよりもお得になります。

また、女性がカードローンを必要とするのは、医療費や冠婚葬祭、突然の誘いや出費など、急を要する時です。そうなると多くのATMで利用できて、手数料が発生しないことも重視するべきでしょう。やはり、この場合も女性向けにこだわってしまうと、手数料無しで利用できるのが消費者金融専用のATMだけだったなんてことにもなりかねません。

「女性向け」を前面に出しているカードローンは、万が一の時に女性スタッフに対応してもらいたいなど、初心者や借り入れに不安がある人向きと言えるでしょう。使い過ぎる可能性があるなら、一部の女性向けカードローンに設定された低い限度額は、ちょうどいい抑制にもなるでしょう。あとは付帯サービスが無ければ特に利用するメリットはありません。

最後に

女性向けカードローンは、そのほとんどに特別なアドバンテージはありません。けれども、これまでカードローンを利用したことが無い人にとっては、「女性向け」という言葉が興味を持つきっかけになるでしょう。実際にサイトを見てインターネット上から申し込んでくれたら、金融機関の狙いどおりなのです。そういった点から見れば、借り入れ経験のない初心者を対象としたカードローンとも言えるでしょう。

ただし、銀行の女性向け証書貸付ローンに様々なメリットがある今、特別感のない女性向けカードローンは圧倒的に分が悪く、棲み分けができているとも思えません。クレジットカードや保険商品でさえ女性優遇のサービスがある時代です。そのうち女性向けカードローンにも様々な優遇が付帯されることを期待できるかもしれません。